レーザーによる治療

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

当院では、アレルギー性鼻炎の患者さんにレーザー治療(下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術)を行っています。

鼻の中でアレルギー反応(花粉症、通年性アレルギー)を起こしている“下鼻甲介”という粘膜をレーザーで焼灼し、アレルギー反応を少くする方法です。くしゃみ、鼻汁を軽減し、特に鼻づまりを改善させます。

治療の適応となる方

・花粉症(スギ)
・通年性アレルギー(ハウスダスト、ダニ、他)
・アレルギー性鼻炎の治療薬で眠くなる方、薬を減らしたい方

治療のタイミング

花粉症 花粉が飛散する前(自覚症状が出現していない時期)
当院では、スギ花粉が本格飛散する2月~4月までは治療は行いません。
通年性アレルギー 症状が落ち着いている時期(内服治療中も含む)

治療前に受けていただく検査

鼻内視鏡検査 鼻の中の構造を確認します。
(人によって、鼻が狭く治療ができない場合があります。)
血液検査
(免疫学的アレルギー検査)
アレルギーの原因を調べ、レーザー治療の効果を予測します。

方法

①麻酔の薬をひたした綿を鼻の中に入れ、約15分、待合室でお持ちいただきます。

②麻酔が十分に効いた事を確認し、鼻の中の綿を取り出します。

③炭酸ガスレーザーを用い、下鼻甲介粘膜を焼灼します。(診察用の椅子にすわった状態で手術を行います。)

④手術時間は片方の鼻で約10分です。(両鼻で20分)

・痛みはほとんどありません
・処置中にこげた臭いを感じることがあります

治療後の経過

レーザー治療は恒久的なものではありません。個人差がありますが、1~2年程度でもとに戻ってしまいます。数年に2回のレーザー治療を繰り返す事で、より快適な状態を持続することができます。

費用

保険適応です。3割負担の方で手術代は8730円です。
(別途再診料、その他を含め約10000円です。)

適応とならない方

・小児(中学生以上は可)

・鼻の中が狭く(鼻中隔弯曲が強い方)、鼻の中にカメラが入らない方

・局所麻酔薬にアレルギーのある人

・手術中に安静が保てない方

・出血しやすい病気の方、全身に重篤な疾患のある方

受診の内容


初診時
鼻の中の状態を観察し、レーザー治療に適しているか、効果が見込めるかの検査、診断を行います。
レーザー治療の説明を行い、手術日を決めます。(日時は相談で決めます。)

再診時
レーザー治療を行います。
治療後の注意を説明します。
鼻の状態により、初診とレーザー治療を行う間に、受診をお願いする場合があります。(手術当日にレーザーを照射し易い状態に鼻内を整えます。)

レーザー治療施行後2日~3日後
術後の鼻の処置を行います。鼻の中にかさぶたがつくため、これを清掃除去します。

③の処置後、約1週間後
術後の状態を観察します。

④以降
患者さんにより受診の間隔が変化します。おおよそ1~2週間に1回の受診で、術後約1か月で終診となります。

手術後の注意

・手術後、少ししてから、鼻の中の粘膜が腫れるため、一時的に鼻閉がひどくなり、血液混じりの鼻汁が増えます。ですが、出血の可能性が高くなるため、当日は鼻がかめません。入浴、飲酒、激しい運動を当日はひかえていただきます。
鼻閉は、手術後2~3日後、クリニックで鼻の処置をするまで継続します。

当院の特徴的な治療

診療時間・休診日

 
午前9:00-12:30 × ×
午後3:00-6:00 × × ×

※土曜日午後は12:00まで受付
※休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

▼ くどう耳鼻咽喉科は、東急目黒線・大井町線・大岡山駅徒歩3分、北口商店街に立地しています。
▼ 品川区・目黒区など近郊からの患者さまも多くいらっしゃいます。

当院でよく診る病気

  • 中耳炎
  • 外耳炎
  • 突発性難聴
  • 低音障害型難聴
  • メニエール病
  • 耳鳴り
  • 副鼻腔炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 急性咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 声がれ(声帯結節・声帯ポリープ等)
  • かぜ
  • インフルエンザ
  • 異物(咽頭・喉頭・鼻内・耳内)

のような疾患の患者様が多くお見えになっています。